興味を持ち、実際に働いてみようと思ったときに、皆さんが一番気になるのはやっぱり「お給料の中身」なのではないでしょうか。
どんなお仕事に就くにしても、いざ働いてみたときに生活が厳しくなるようなお給料だと、なかなかお仕事を続けることもできませんよね。

そこで、今回はコールセンターのお仕事に就くにあたって、雇用形態ごとにどんな違いがあるのかを、少しご紹介しておきたいと思います。

アルバイトの場合

コールセンターでのアルバイトの場合は、平均すると時給1300円前後というのが一般的です。
同じように他のアルバイトと比較した場合には、比較的高めのお給料がもらえる職種だということがわかりますが、これはコールセンターというお仕事が企業にとって非常に重要な部署であるという認識があるためだと思います。

なお、平均すると1300円前後のお給料となりますが、その幅は1000円~1500円の間で変動していることが多いようです。

派遣の場合

派遣社員として入る場合には基本時給が1400~1600円前後で推移することが多いのではないでしょうか。
働く地域によって若干の格差などはあるようですが、概ねこの範囲の前後になると思います。
月給に換算すると、月に20万強といったところでしょうか。

なお、SVなどの役職につくことで、時給が2000円前後に上がることもありますので、あくまでも今回の計算ベースは役職なしの場合に限ります。

正社員の場合

正社員として雇用されることは、基本的にはコールセンター業務の場合にはあまりないようです。
しかしながら若干の求人などがあることも事実で、その際に募集される金額としては月給で21万~27万円前後といった場合が多いようです。

ASV、SVなどの役職になり、責任を負う立場になることで、お給料をあげることができるでしょう。

経験者や歩合について

コールセンター業務では、基本的に経験者だからと言ってそれほど優遇されるケースはないと考えた方がいいでしょう。
むしろ、経験を活かすことで、上の役職を狙って転職活動を行う方が効率的かもしれませんね。
なお、経験がある場合には時給が100円から200円程度プラスになることもあります。

歩合に関しては、テレマーケティングやアポ取りの仕事の場合は加算制度があります。
その幅はマチマチで、1件あたり1000円から2000円など、お仕事の内容によって大幅に変動します。